真宗大谷派の葬儀のマナーについて

悲しい別れにもマナーがあります

いつやってくるかわからないことのほうが多い悲しいお別れの瞬間。
突然だから、「お包みするお香典などは新札は使わない」ですとか「急な連絡には喪服は着ない」といった一般的な常識として知られているものもありますが、実はそれ以上に細かく難しいのが宗派によって異なる作法です。
日本は仏教の国だから大差ないのではないかと思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるとは思いますがそれは大きな勘違いです。
実は宗派によってお焼香のマナーやお線香をあげる際のマナー、また不祝儀袋の表書きはどうするのかなど細かな違いがあるのです。

真宗大谷派の葬儀のマナーについて

真宗大谷派においては、お焼香の際、2回行い額にいただくことはしない、というマナーがあります。
そして葬儀ではなくお線香をあげさせていただくということもあるかもしれませんが、真宗大谷派では寝線香という方法でお線香をあげます。
1,2本のお線香を香炉のサイズにあわせて2,3本におり、まとめて火をつけて手であおいで火を消し、香炉に寝かせてお供えします。
真宗大谷派では「阿弥陀如来に帰依すると決めた時点で仏になることが約束される」という考えがあります。
ですから、葬儀の際などに唱える念仏というのは、仏になるために唱えるのではなく、あくまで「仏になれたことへの感謝の表現」として唱えるものであるとしています。