曹洞宗の葬儀のマナーについて

葬儀でのお焼香には宗派ごとのマナーがあります

故人を見送るために行うもの、として広く認識されている葬儀ですが、実は宗派によって考え方は全く異なり、故人を仏として極楽浄土に導いてもらうためのものである、という場合もあればそうではなく「仏になることは約束されているので亡くなったのち、仏になれたことを感謝する」ために行うものという場合もあります。
当然ですが日本で主流となっている仏教式と、海外で主流となっているキリスト教式ではかなり違いがあります。
参列をする場合にはいろいろとどのようにふるまったらよいのか気になってしまうこともあると思いますが、心の準備を万全に整えて参列できるケースのほうがまれです。
いざというときのために知っておくというのも大人としてのマナーとして、良いのではないでしょうか。

曹洞宗の葬儀のマナーについて

曹洞宗は禅宗ということで「故人に戒を授け、正式の仏弟子とするための”授戒”と仏の世界に導きいれる”引導”を中心として葬儀が成り立っているのだそうです。在家としては”亡僧”(修行中に亡くなり尊宿”にまではなれなかった”のための葬儀を行うのだそうです。
また、同じ禅宗でも臨済宗とも細かな違いが儀式の最中にありますし、地方ごとの習俗も異なってくるのだそうです。
葬儀の際、参列者が一番戸惑うことが多いのが”焼香”ではないでしょうか。
遺族として参列しても、会葬者として参列しても宗派ごとに異なる焼香のマナーを完璧に覚えているという方も少ないと思いますが、曹洞宗でははじめの焼香は右手で香をつまんだのち、両手で額まで押し頂き香炉へくべます。そして2回目には少量を押し頂くことをせずに香炉にくべるのですが、参列者が多い場合には1度目の焼香のみで省略されることもあるのだそうです。

最新記事